イベント ニュース

松阪の中坪遺跡で発見された水制施設の説明会が10月15日に開催予定。しかも会場は現地!

更新日:

三重県埋蔵文化財センターによる発掘が進められていた松阪市立田町の中坪遺跡で、10月に入ってから奈良時代の水制施設が発見されたと発表がありました。

この発見された施設に関する説明会が、2017年10月15日(日)に開催されます。

しかもこの説明会、会場はなんと、現地です!

そして事前申し込みは不要とのこと。直接現地に行けばいいそうです。

工事に伴う調査で見つかっていた中坪遺跡

三重県の公式サイトによると、中坪遺跡では、三重県による工事に伴う調査によって建物跡や井戸・溝、室町時代の土器などが見つかっていました。

そして今回見つかったのは、「河川跡と河川内の杭列や丸太」などだそうです。

これは、川の水流を調節するために作られた「水制施設」と呼ばれるものとのこと。

県内でも珍しい奈良時代のもの

この水制施設の杭が打ち込まれている砂利の層からは奈良時代の土器も出土しているそうで、この水制施設も奈良時代のものと考えられるそうです。

県内では水制施設の発見が複数あるようですが、奈良時代のものが発見されるのは珍しいんだそうです。

リアルに現地で見ることができる説明会

今回の説明会では、発見された水制施設を現地で見ることができ、説明を聞くことができるそうです。

調査で出土した土器も展示されるそうですよ!

まずそもそも、遺跡での発見がレアなことです。

そしてリアルタイムでそれを見る機会って、そうそうないですよね。

しかも、プロの方による説明が聞けるなんて。

私はそういった遺跡の現地説明会、これまで1回も行ったことがありません。

それだけにとても気になります!

現地への行き方は難しそうです

公式サイトの道案内では、現地までの道について、以下のように説明が記載されています。

※自動車で来場の場合
県道37号線立田町交差点から県道59号線を北へ900m、砂利道の入口を右折。
(当日は黄色ののぼり旗を目印にして下さい。)
※公共交通機関をご利用の場合
近鉄櫛田駅下車、立田集落の穴師神社目標 北西へ徒歩30分。

現地の地図へのリンクも掲載されていますので、こちらもあらかじめ確認しておいてから当日向かうのがよさそうです。

公式サイトの地図情報に基づいて、ご参考までに、当サイトでもGoogle Mapでだいたいどのへんになるかを下に表示しました。

開催情報

中坪遺跡現地説明会
【日時】平成29年10月15日(日)午前10時00分から午前12時00分まで
【URL】http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0044300019.htm

-イベント, ニュース

Copyright© 松阪タイムズ , 2018 All Rights Reserved.